/

この記事は会員限定です

パンパシHD、前期純利益8%増 好調「ユニー」けん引

[有料会員限定]

ディスカウント店「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが17日発表した2021年6月期連結決算は、純利益が前の期比8%増の538億円だった。総合スーパー(GMS)子会社のユニーの収益改革が奏功した。一方、新型コロナ下での「巣ごもり消費」には陰りも見え、今上期は減益見通しだ。成長持続の戦略が問われる。

売上高は2%増の1兆7086億円、営業利益は8%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン