/

この記事は会員限定です

コロナ重症化リスク研究、環境・個人差の影響大きく

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる重症者数や死亡者数の違いを踏まえ、人種・民族などの遺伝的要因を数千人規模のゲノム(全遺伝情報)解析で探る研究が進んでいる。リスクを上げる要因と下げる要因のそれぞれが見つかっているが、がん、糖尿病といった持病や肥満もリスクを高める。医療体制や生活習慣といった環境の影響や個人差も大きい。

新型コロナに感染した際の重症化リスクには遺伝的要因が関わっている。例えば男性と女性では男性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン