/

この記事は会員限定です

書類不備で多額の課税 三井住友信託など相次ぎ敗訴

[有料会員限定]

申告書類の不備など形式的な理由で多額の課税を受ける企業が相次いでいる。三井住友信託銀行やサンリオは裁判で争ったが敗訴が確定した。専門家は「小さなミスも重い税負担を招く」と企業に税務体制の強化を促す。ただ最近は形式要件より租税回避の実態を重視する判決も出た。今後の司法判断や国税当局の対応が注目される。

形式ミスで約18億円課税

三井住友信託銀行では、書類の提出遅れが約18億円の課税処分を招いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません