/

この記事は会員限定です

自動運転バスは雪道を走れるか 北海道で実験

[有料会員限定]

過疎化、高齢化が進む地域の住民の足として期待されている自動運転バス。ソフトバンク子会社のBOLDLY(ボードリー、東京・港)をはじめとして多くの事業者が全国各地で実証実験を行っている。

そんな自動運転バスの課題の一つが、気象条件だ。人間同様、自動運転も大雨や雪といった悪条件で走行するのは簡単ではない。しかし、「少し雪が降ったら運休」では公共交通としては力不足だ。

特に、日本は世界でも有数の豪雪国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン