/

この記事は会員限定です

東南ア食品大手、調達網で人権侵害を排除

タイ・ユニオン、全漁船にカメラ搭載 25年までに労働可視化

[有料会員限定]

「世界の台所」ともいえる食品生産量を誇る東南アジアで、サプライチェーン(供給網)上の人権侵害の排除を進める動きが広がっている。ツナ缶世界最大手のタイ・ユニオン・グループは2025年までに、取引先の全マグロ漁船にカメラを搭載して労働環境を可視化する。インドネシアではパーム油大手が花王と組んで小規模農園の低収入の改善などを始めた。世界で加速する倫理的な調達の動きに対応する。

タイ・ユニオンが取引先のマグロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1768文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン