/

この記事は会員限定です

酒類飲料5社、原料高が500億円利益押し下げ 22年12月期

[有料会員限定]

ビールに使う大麦や砂糖、コーヒー豆といった原材料の高騰が酒類・清涼飲料各社の業績を圧迫しそうだ。2022年12月期は酒類飲料の上場5社で計500億円程度の利益押し下げ要因となりそうだ。収益確保に向けた値上げに踏み切るかも、今後の業績の焦点となりそうだ。

アサヒグループホールディングスは今期、原材料高が前期比で250億円のコスト増になる見通し。当初は100億円程度を見込んでいたが、市況の高騰が続く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン