/

この記事は会員限定です

パーソルHD、派遣需要回復も物足りないROE

野元 翔平

[有料会員限定]

人材サービス大手のパーソルホールディングスが企業の間接業務請負など成長領域の事業拡大を急いでいる。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ人材派遣需要が回復し、今後は業界の競争が激化する。好採算の事業を伸ばし、他社に比べて見劣りする自己資本利益率(ROE)をてこ入れできるかが課題だ。

名古屋市が運営するコロナワクチンの集団接種会場。予約受付やコールセンターなどの業務を受託しているのが、パーソルHD傘下のパーソルテンプスタッフだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン