/

この記事は会員限定です

飲料業界団体、再生ボトル比率50%へ 30年までに

(更新) [有料会員限定]

飲料メーカーからなる全国清涼飲料連合会(東京・千代田)は19日、使用済みペットボトルからボトルを再生する「ボトルtoボトル」の比率を2030年までに50%まで引き上げるよう飲料メーカーに求めると発表した。再生素材を使ったボトルは大手メーカーが先行しているが、中小メーカーは対応を迫られそうだ。

「2030年ボトルtoボトル比率50%宣言」を19日に発表する。現在の国内の再生素材の使用比率は1~2割と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン