/

この記事は会員限定です

工事進捗を複合現実で検査 施工管理のアンドパッド

[有料会員限定]

建設業の施工管理を支援するアンドパッド(東京・千代田)は、住宅工事の進捗状況を遠隔検査する取り組みを始めた。現場の映像にMR(複合現実)システムで完成イメージを重ねて表示し、遠隔地の検査員がリアルタイムで確認する仕組み。担い手不足や高齢化が課題となっている検査員の働き方改善につなげる狙いだ。

9月下旬、自社が施主の神奈川県湯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン