/

この記事は会員限定です

「デジタル疲労」で肌荒れ 資生堂の研究成果で判明

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

デジタル機器の普及は手軽に大量の情報を常時得られる環境をつくった。一方、多くの情報をインプットし続けることで疲労やストレスが生じ、心身や肌に悪影響を与える可能性が指摘されている。資生堂はこの「デジタル疲労」がどう肌に影響を及ぼすかの研究成果をこのほど発表した。疲労蓄積により、肌の酸化ダメージの要因の1つとされる物質の増加を確認したという。

資生堂は今回、20~30歳代の女性を被験者として、研究を重ねた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン