/

この記事は会員限定です

東京エレクトロン河合社長、「データやAIで生産性改善」

[有料会員限定]

世界で半導体不足が深刻化するなか、半導体製造装置大手の東京エレクトロンは製造装置から様々なデータを取得し、工場の稼働率を高めるサービスに注力する。河合 利樹社長兼最高経営責任者(CEO)に半導体不足の対応策を聞いた。

――世界で半導体不足が深刻化していますが、装置需要は増えていますか。

「2021年の半導体前工程製造装置(WFE)市場は過去最大になる見込みで、今後も増加していく。将来の需要増に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン