/

この記事は会員限定です

JAL社長「7月に単月黒字へ」 国際線、想定上回る回復

(更新) [有料会員限定]

日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は日本経済新聞の取材で、7月にEBIT(利払い・税引き前損益)が単月で黒字に転じる見通しを明らかにした。本業のもうけを示す損益の黒字化は新型コロナウイルス感染拡大前の2020年2月以来。政府の水際対策の緩和で国際線が想定を上回る回復をみせている。ANAホールディングス(HD)も国際線の上振れ余地が大きいとみている。

JALは日本会計基準を採用していた20年2月の営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン