/

この記事は会員限定です

中小監査法人、システム共通化着手 導入コスト4分の1に

[有料会員限定]

中小監査法人が、監査手続きで使える共通のシステム基盤を合同で整備する。監査法人が単独で導入することに比べて初期コストは4分の1になり、効率性が高まる。中小法人は上場企業監査で2割を占めるが、デジタル化が遅れている。導入が進めば監査の質向上につながり、企業にとっては依頼の受け皿が増えるメリットがある。

仰星監査法人、RSM清和監査法人、監査法人アヴァンティアの3法人と情報通信会社のTOKAIコミュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン