/

この記事は会員限定です

アステラス、遺伝子治療で米に新工場 成長の軸に

欧米勢を巻き返し、先端研究に2000億円

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

アステラス製薬は、人の遺伝子を体内に投与し治療する遺伝子治療薬の実用化に向けた投資を積み増す。米国に120億円を投じて新工場を設け、薬に必要な成分を製造する体制を整える。遺伝子治療薬はこれまでの薬では難しかった難病の治療が期待される。欧米の製薬大手が研究開発で先行しており、2024年ごろの販売を目指し、巻き返しに動く。

アステラスは今回の遺伝子治療に加え、細胞医療など先端分野の研究開発に26年3月期までに200...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン