/

この記事は会員限定です

全ゲノム解読、200ドル台に 病気予測やがん治療に威力

科学記者の目 日経サイエンス社長 竹下敦宣

[有料会員限定]

人間の遺伝情報を記録するヒトゲノムを使った医療が本格的な普及期を迎えそうだ。ゲノム解析装置最大手の米イルミナが2023年に新型のシーケンサー(遺伝子解析装置)を投入、約30億からなるヒトゲノムを200ドル台で解読する。遺伝情報を活用した病気の予測や治療が身近になる。同社アジア太平洋日本地域シニア・セールスディレクターのロバート・マクブライド氏にヒトゲノム解読がもたらす可能性や普及に向けた課題を聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2577文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません