/

この記事は会員限定です

監査重要項目KAM、減損リスク最多の6割 2月期企業

[有料会員限定]

企業の財務監査の重要項目を有価証券報告書(有報)に記載する「KAM」について2022年2月期の主要企業を集計したところ、店舗などの減損リスクを取り上げたものが全体の約6割と最多だった。新型コロナウイルス禍に伴う売上高の落ち込みで減損リスクの高まった企業が目立つ。足元では移動制限の緩和で客足が戻りつつあるものの、リスクへの目配りが必要となる。

KAMは監査人が企業の財務諸表の誤りや不正などのリスク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン