/

この記事は会員限定です

ジェネリック不足解消に「2~3年」 医薬品質不正で混乱

[有料会員限定]

ジェネリック医薬品(後発薬)の一部の供給が品質不正や生産トラブルをきっかけに滞っている問題で、医薬品卸や薬局などの混乱が広がっている。大手メーカー3社が市場への供給を絞っている製品は計1000品目を超え、品薄に拍車がかかっている。正常化には「2~3年かかる」(メーカー)との声もあり、一部の先発薬の需給にも影響が波及している。

「在庫が足りなくなりそうだ。代替品を探してください」。医薬品卸の営業担当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン