/

ルノーCEO、EV新会社「日産と三菱自の参画が最善」

仏ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)が16日、同社のジャンドミニク・スナール会長とともに日本経済新聞などの取材に応じた。デメオCEOは計画中の電気自動車(EV)新会社について、「(企業連合を組む)日産自動車三菱自動車に参加してもらうことが最善だ」と語り、両社の参画に期待を示した。主なやりとりは以下の通り。

――EV事業を分離した新会社を計画しています。日産と三菱自に参加を促しますか。

デメオCEO「参画してもらうよう要請している。私たちは非常に透明性をもってプロジェクトを進めており、企業連合を組む両社に参加してもらうことが最善だ。現在は両社に新会社への関わり方を検討してもらっている。結論はそれぞれの会社で異なるかもしれないが、新会社に出資してもらう可能性もある」

――ルノーが保有する日産株を一部売却するという見方も出ています。

スナール会長「議論の俎上(そじょう)にのぼってすらいない。(現在の資本関係は)連合の基礎となる要素であり、新しい段階に進むうえで重要だ。(EV新会社への参画を引き出す)交換条件としても考えられない」

――保有するロシア自動車大手アフトワズの株式売却を決めました。

デメオCEO「今の状況ではロシア事業の継続は困難だ。仮に倒産すれば、4万5000人の従業員が失業する可能性があり、決断せざるを得なかった」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン