/

この記事は会員限定です

チタン2年ぶり値上げ決着、21年度1割弱 原料高騰で

[有料会員限定]

航空機のエンジン部品などに使うレアメタル(希少金属)、チタンの国内価格交渉が2年ぶりの値上げで大筋決着した。チタン製品の原料となるスポンジチタンの2021年度の大口需要家向け価格は前年度比で1割弱高くなった。原料の鉱石価格が2年で6割高と高騰し、生産者側が値上げを要求。航空機向けなどの部品需要は回復途上だが、素材の安定確保のため需要家が受け入れた。

鉱石とインゴット(塊)の中間素材であるスポンジチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン