/

この記事は会員限定です

東電、処理水の海洋放出 IAEAの確認前提に

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスは16日、福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出を巡り、安全性について国際原子力機関(IAEA)の確認を受ける方針を示した。処分の開始前後でIAEAの専門家が、放射線の影響評価や設備の安全性など信頼性を確認する。東電は指導や助言を対応に反映する方針だ。

東電は16日に記者会見を開き、今後の計画を説明した。東電の小早川智明社長は「経営の最優先事項として取り組む」と述べた。東電は会見で環境モニタリング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン