/

この記事は会員限定です

ルネサス火災1年 供給網、迫られる「強靱化」

[有料会員限定]

ルネサスエレクトロニクスの主力の半導体拠点、那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災から19日で1年が経過する。半導体の需給逼迫は続き、自動車をはじめ生産制約からは脱しきれていない。新型コロナウイルス禍が長引き、自然災害も断続的に起きるなか、サプライチェーン(供給網)の復旧だけでなく、さらなる強靱(きょうじん)化が問われている。

「短期的な需要の上昇、下降にとらわれず、長期の動向をにらみ思い切って投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン