/

この記事は会員限定です

東芝、対話欠如の果てに3分割 6年迷走し株主主導に

東芝分割㊤

[有料会員限定]

東芝が会社全体を3分割する計画を発表した。創業146年で最大級の決断となる。日本の産業界でも例をみない改革方針を主導したのは、株主の要請で社外から招いた取締役だった。トップが関わった不正会計の発覚から6年。海外株主と正面から向き合うことを避け続けた東芝には、株主と経営陣が議論を戦わせて企業価値を上げるという健全な姿はなかった。

「スピンオフ(分離)を検討してほしい」。9月、ポール・ブロフ氏ら東芝の社外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1736文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン