/

トーンモバイル、独自端末をドコモ店舗で販売 9980円

フリービットは16日、格安スマホブランド「トーンモバイル」で新機種の販売を始めると発表した。提携するNTTドコモの店舗で24日から販売する。トーンモバイルは全国に展開するドコモの店舗網を生かし、顧客獲得を急ぐ考えだ。

基本ソフト(OS)はAndroid製で、端末料金は税込み9980円だ。月額1100円(通話料金別)の専用プラン加入が条件となる。データ通信量は原則無制限だが、動画の視聴には別途課金が必要となる。

主にシニア層を顧客ターゲットとして想定する。スマホに不慣れな人でも使いやすいシンプルな機能設計などが特徴としている。家族が利用者の位置情報を把握できたり、アプリの利用を制限できたりする機能も備える。

ドコモは2021年12月に、トーンモバイルの「iPhone」向けプランの販売を始めた。同プランは主に初めてスマホを使う10代の顧客を狙ったものだった。格安プランの競争が激しくなるなか、フリービットとの連携を通じて商品ラインアップを充実させて、さらなる販売増につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン