/

この記事は会員限定です

国際仲裁にコロナ特需 アジアが人気、日本は出遅れ

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が、ビジネス紛争を解決する「国際仲裁」の世界的な特需を生んでいる。リモート対応などで裁判より使い勝手が良い解決手段として注目された。仲裁地としてはシンガポールなどアジアの人気が高まるが、日本の出遅れが目立つ。日本企業に「地元で戦える機会が少なく不利だ」との懸念も広がる。

空前の件数

「空前の件数が集中している」。ロンドンの国際仲裁裁判所は、2020年の年次報告書で、国際仲裁の急...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン