/

この記事は会員限定です

センコー、物流施設に太陽光発電 22年度に10カ所

[有料会員限定]

物流大手のセンコー(大阪市)は、2022年度に物流施設10カ所で屋根置き型の太陽光発電システムを導入する。太陽光パネルの出力は計2700キロワットで、日中に使用する施設の電力消費量を賄う。二酸化炭素(CO2)の排出削減に向けて、他の施設にも順次拡大する方針だ。

太陽光パネルは、伊藤忠商事系の新電力アイ・グリッド・ソリューションズ(東京・千代田)の子会社VPPジャパン(同)が無償設置し、運用・保守...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン