/

この記事は会員限定です

がんでも会社に居場所を ドイツ銀グループの取り組みから

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

私もその一人ですが、働くがん患者が増えています。50代前半までは男性より女性にがんが多いため、女性の就労率が上がれば、会社に若いがん患者が増えることになります。がんは細胞の老化といってよい病気ですから、年齢とともにリスクが高まります。定年の延長は、働くがん患者を激増させます。まさに、「がん社会」の到来です。

国も職場でのがん対策に力をいれており、2009年に国家プロジェクト「がん対策推進企業アク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン