/

電事連会長「非常に残念」 カルテル疑惑巡り

公正取引委員会が関西電力中部電力中国電力など計4社を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査したことを受け、電気事業連合会(電事連)の池辺和弘会長(九州電力社長)は16日、「疑いを持たれることがあったのは非常に残念だ」と述べた。疑惑が事実であれば原因究明と再発防止を徹底する考えを示した。

オンライン会見に臨む池辺会長(16日、東京都内)

池辺氏は事実関係について「全く把握していない」としたうえで、「相互に情報を共有していたなら、自由競争を阻害する犯罪行為だ。(事実であれば)なぜこういうことが起きたのか、再発を絶対に防ぐにはどうすべきか社長間で議論したい」と話した。4社を巡っては、電力の供給で互いに顧客の獲得を制限するカルテルを結んだ疑いが持たれている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン