/

この記事は会員限定です

太陽光発電所の査定、中古市場で広がり 再エネ後押し

[有料会員限定]

オリックスは発電実績やパネルの劣化度合いなどから稼働済みの太陽光発電所の将来価値を査定する事業に参入する。脱炭素の流れや新設に適した土地の減少で、中古の太陽光発電所の売買は増えている。「格付け」に基づく適正な値付けが広がって売買が活発になれば、売り手側も設備の維持補修により力を入れるようになり、再生可能エネルギーの普及につながる。

オリックスは太陽光発電所の運用・保守を手掛ける子会社のオリックス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン