/

この記事は会員限定です

買収防衛策、有事導入の効力は? 新生銀行がSBIに対抗

[有料会員限定]

新生銀行がSBIホールディングスによるTOB(株式公開買い付け)に対抗し、買収防衛策を発表した。防衛策を取り入れる企業は減少が続いているが、2020年以降発動を巡って、買収者と裁判所で争う事例が増えている。過去の事例から防衛策が認められる条件を探ると、「株主の意思」がカギになっている。

新生銀の防衛策は一般的にポイズンピル(毒薬条項)といわれるものだ。事実上、SBI以外の既存株主に新株を渡すもので、SBI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン