/

この記事は会員限定です

東芝テック、「資産効率の優等生」縮小均衡への岐路

矢尾隆行

[有料会員限定]

東芝テックが縮小均衡に陥るかの岐路に立っている。主力のPOS(販売時点情報管理)システムは国内シェア首位を長年維持し、高い資産効率を強みとする「優等生」だった。だが、国内市場は人口減少を背景に小売店などから需要の大きな伸びは期待しづらく、稼ぐ力が鈍り始めている。手をこまねいていれば規模縮小に陥りかねない。POSシステムを軸に店舗のデジタル化を進めるサービスへの積極投資には将来への危機感がにじんで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2042文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません