/

この記事は会員限定です

僕の「アメリカ」 池田祐久 

[有料会員限定]

1985年、18歳で米ハーバード大に進学した。独りぼっちの異国に不安だらけでいると、後ろから元気のいい日本語で呼びかけられた。「コンニチワ!」。驚いて振り返ると190センチを超えた大男が立っていた。後に親友になるミーシャ・フルシュタイヤとの出会いだ。ロシア系米国人でブラジル、英国にもルーツを持つ。幼少から父親のビジネスの関係で様々な国を渡り歩いていた。

「大学に入る前の1年間『ダサいたま』に住ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン