/

この記事は会員限定です

三菱商事、データ処理ソフト新興に出資 海外展開も

[有料会員限定]

三菱商事は大容量データを効率的に処理する技術を強みとするIT(情報技術)スタートアップ企業に出資する。通信量の急拡大により、大容量で低遅延なデータ処理網の構築が求められている。三菱商事はデータセンターの効率運用に加え、計画を進めるスマートシティー構想での技術活用も見込む。日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)などでデジタルインフラ事業の展開を加速する。

出資するモルゲンロット(東京・千代田)は複...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン