/

この記事は会員限定です

日本でシェアキッチン 韓国大手が進出、5年以内に35店

[有料会員限定]

厨房を飲食店に貸し出す「シェアキッチン」の韓国大手、ウィークックが今夏、日本へ進出する。まず東京都内に1店舗を出店し、今後5年以内に全国の主要都市で35店程度に増やす計画だ。新型コロナウイルス下の在宅勤務の広がりで料理宅配の利用が増えている。外食店などの間で、宅配専用の厨房を低コストで借りたいニーズが高まると判断した。

シェアキッチンは、利用時間で区切るなどして、複数の飲食店に厨房を貸し出す仕組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン