/

この記事は会員限定です

三井物産、メキシコの天然ガス火力発電事業売却

(更新) [有料会員限定]

三井物産は16日、メキシコの天然ガス火力発電事業を売却すると発表した。4割保有する発電事業持ち株会社の株式全てを英系投資ファンドに売却する。売却額は非公表だが、三井物産が保有するガス火力発電所の発電容量の1割強にあたる。脱炭素の流れが強まるなか、資産売却でポートフォリオを入れ替える。

メキシコ北東部でコンバインドサイクル(複合火力)方式の天然ガス発電所を手掛けるエムティーファルコンホールディング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン