/

凸版印刷、マイナンバーカードとスマホで本人認証

スマホからマイナンバーカードを認証して本人確認をする

凸版印刷はスマートフォンにマイナンバーカードをかざして、本人認証をするアプリを5月1日から提供する。ネットでの行政手続きや銀行口座、クレジットカードの開設などで活用する。利用者と事業者の双方で、本人確認書類の提出や照合の手間を減らす。

自治体や銀行など、事務手続きでマイナンバーカードを使って本人認証をする事業者に対し、「本人確認アプリ」を提供する。凸版印刷は認証業務に関する基盤の事業者として、総務相から認定を受けている。今後展開する本人確認に関連するビジネスを含めて、2025年までに累計で10億円の売り上げを目指す。

利用者は金融機関などのサイトやアプリで、口座の開設などの手続きを進めると、本人確認アプリに自動で接続する。本人確認アプリが開き、マイナンバーカードをスマホに近づけると、スマホが備える近距離無線通信規格の「NFC」を使って通信する。

通信後、アプリが凸版印刷の基盤と連携して本人確認をする。確認後は元のサイトやアプリに自動で戻り、認証が完了する。

従来の行政手続きや口座開設では、直接対面で本人確認の書類を提出する必要があった。近年普及しているネットを使った認証でも、顔写真や確認書類の画像の送付が必要だ。利用者にとっては手続きに手間がかかる。

サービス事業者にとっても、照合作業に時間を取られる。スマホとマイナンバーカードで自動で認証できるようにし、認証の効率を上げる。(結城立浩)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン