/

DeNA、移転先のWeWork入居者ら1万人にワクチン接種

DeNAは16日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種について約1万人を対象に、23日から実施すると発表した。同社の社員とその家族に加えて、8月に入居予定のシェアオフィス「WeWork 渋谷スクランブルスクエア」の入居者からも希望者を募る。

接種会場は東京・渋谷のDeNA本社、横浜DeNAベイスターズ関内オフィス(横浜市)、DeNA新潟カスタマーサポートセンター(新潟市)だ。8月中に接種完了を目指す。

同社は8月に本社をWeWork 渋谷スクランブルスクエアに移転する予定だ。移転先に入居するスタートアップ企業の社員やフリーランスなどからも希望者を募る。横浜に本社を置くクックパッドとも連携する。クックパッドの社員や家族も、DeNAが用意する接種場所でワクチン接種を受けられる。接種対象の予定者は約1万1000人だ。

(藤生貴子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン