/

この記事は会員限定です

車の「目」価格100分の1 最新センサー、トヨタも採用

[有料会員限定]

自動運転車の「目」となるセンサーの低価格化が進んできた。最大手の米ベロダイン・ライダーなどが従来より価格が100分の1程度になる製品を開発し、自動運転車への採用が始まった。電気自動車(EV)に比べて遅れていた自動運転車の普及が今後、一気に加速する可能性を秘めている。

これまで市販車は、高速道路の自動追従や衝突防止でカメラやミリ波と呼ばれる電波センサーを使ってきた。さらに高度な自動運転を実行するには...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン