/

この記事は会員限定です

東証スタンダード企業7~9月、3割増益 経済再開が恩恵

[有料会員限定]

東証スタンダード上場企業の2022年7~9月期決算は、純利益が前年同期比で3割増えた。同期間のプライム市場の増益率(36%増)を下回ったものの、7四半期連続の最終増益だった。経済再開の恩恵を受けたり、円安効果で収益が膨れたりする業種を中心に最終損益の改善が目立った。外食や食品などの企業では、円安による輸入採算の悪化や原材料高が重荷となった。

4月の東証市場再編に伴い、スタンダード市場には主に東証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません