/

この記事は会員限定です

マスク氏のTwitter買収案、「毒薬」が促す本格協議

法務インサイド

[有料会員限定]

米ツイッターと、同社の買収を目指す米起業家イーロン・マスク氏との対立が先鋭化している。ツイッターが「ポイズンピル(毒薬条項)」と呼ばれる買収防衛策を導入したことでマスク氏の株買い増しがけん制され、ツイッター側との協議が加速するとの見方が出ている。両者が防衛策の発動条件をにらみつつ、自らに有利な形での決着を目指す駆け引きが続くとみられる。マスク氏、ツイッターともに「次の一手」への注目が高まる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

商標権や著作権、知的財産権など、ビジネスに関わる法律、ルールを読み解くコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン