/

この記事は会員限定です

「彼女には持病」勝手な情報共有は違法です

先輩、それ違法です!③

[有料会員限定]

持病の治療と両立しながら働く人にとって、上司などの理解は大切だ。だが病歴などは特に取り扱いに配慮が必要な個人情報として、法的な保護の対象でもある。部下の病名を知った上司が本人の意思を十分にくみ取らないまま、勝手に社内で情報共有すれば違法になる恐れがある。プライバシーに関する意識を改めることが求められる。

係長の田中さん
「佐藤さん。今週は無理しないでいいよ。部長から『彼女は持病があるから残業させるな』って言われたんだ。大変だね。僕の親戚も同じ病気だよ」
部員の佐藤さん
「え、病名までご存じなんですか。みんなには言わないでって念押ししたのに。すみません。ご配慮はありがたいですが、病名が広がるのは困ります」
田中さん
「あれ? 秘密だったの? でも職場のみんなは、もう知ってるみたいだよ」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン