/

神戸製鋼、薄鋼板を1万円値上げ 6月出荷分から3品種

神戸製鋼所は16日、自動車や家電で幅広く使う薄鋼板(薄板)の販売価格を6月出荷相当分から1トン1万円引き上げると発表した。主原料の鉄鉱石、製鋼用石炭(原料炭)などの価格が一段と上昇しており、製品価格に転嫁する。値上げは5月分に続き2カ月連続で、5月分からの値上げ幅は累計で3万円となる。

対象は熱延、冷延、表面処理鋼板の3品種。2020年10月分からの値上げ幅は累計で1トン9万円以上となる。国内の一般流通(店売り)向けの価格を引き上げる。製造業などの大口需要家向けの「ひも付き」取引も一部で値上げの交渉を進めるという。

同社は「主原料などの諸コストの変動次第で、今後も値上げする可能性がある」という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン