/

この記事は会員限定です

住宅用集成材、1年ぶり安値 新設着工減と輸入増で

[有料会員限定]

住宅向け国産集成材の流通価格が、約1年ぶりの安値となった。東京地区の問屋卸価格は、梁(はり)に使う集成平角(4メートル×10.5センチ×30センチ)が9月中旬現在、1立方メートル13万円(中心値)。前月比1万円(7%)安い。柱用の集成管柱(3メートル×10.5センチ角)も1本4500円と同1千円(18%)安い。

住宅価格の高騰や住設機器の納入遅れなどによって新設住宅の着工数が減る中、集成材の輸入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません