/

この記事は会員限定です

新興企業「出口」にM&A普及を 荒井邦彦氏

ストライク社長

[有料会員限定]

日本のスタートアップ投資額は2020年度に約2200億円と過去5年で7割伸びた。ただ、米国や中国の数十分の一だ。この差を埋めるにはM&A(合併・買収)のさらなる活用が欠かせない。

スタートアップはベンチャーキャピタル(VC)などの投資家から資金を得て事業を立ち上げ、5~10年の短い期間で新規株式公開(IPO)やM&Aによる「イグジット(出口戦略)」を目指す。経済産業省の3月の調査

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン