協和キリンや第一三共、バイオ薬開発強化へ技術者育成 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

協和キリンや第一三共、バイオ薬開発強化へ技術者育成

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

製薬大手が細胞や遺伝子の技術を使ったバイオ医薬品の技術者育成に力を入れている。協和キリンは専用のトレーニング施設を新設し、第一三共は技術者を約3割増やす。大型新薬の主流は化学合成が中心の従来の低分子薬から、生きた細胞を使うバイオ薬にシフトしつつある。新薬開発の潮流が変わる中、専門人材を育成し、製品の安定供給体制を整える。

協和キリンはバイオ薬の生産技術者を育成するため、2024年度にも高崎工場(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません