/

1月派遣時給1622円、1.6%高 ITなど6職種で上昇

人材サービス大手のエン・ジャパンが16日に発表した2022年1月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東・東海・関西)で前年同月比26円(1.6%)高い1622円だった。IT系など6職種で前年同月を上回ったものの、相対的に時給の低い事務や介護系の案件数が増えた結果、前月比では全体平均は10円(0.6%)下がった。

エン・ジャパンの求人情報サイト「エン派遣」の掲載案件をまとめた。職種別では、「オフィスワーク系」が前年同月比47円(3%)高い1596円。4月の契約更新に向け、既存スタッフが従事するポジションの後任者の募集が強化されている。新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が進み、関連事務の需要も高まった。

「医療・介護系」は1350円と、同47円(3.6%)上昇した。求人案件数は20年1月比で3割増と新型コロナ前を超える水準だ。景況感の回復で求職者の応募が集まりにくくなった。エン派遣の中島純・事業責任者は「企業が求人広告を増やし、就業時間や勤務地を絞った募集をするようになった」と話す。

同業大手ディップのまとめでは、1月の派遣平均時給(三大都市圏)は前年同月比34円(2.3%)高い1509円と21年4月と並んで過去最高だった。巣ごもり需要は高く、物流倉庫での業務など「軽作業」は1231円で同56円(4.8%)上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン