/

この記事は会員限定です

LNG「日本への供給優先を」 冬の不足に身構える官民

エネルギー狂騒曲(4)

[有料会員限定]

「液化天然ガス(LNG)の需給見通しをもっと高い精度でほしい」。東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAでは、毎週月曜日に開くシンガポール子会社とのオンライン会議が例年にまして熱を帯びる。

発電所の稼働状況や運搬船の到着日、さらには世界の気象予測まで。データをかき集め、最適な調達時期や量を探る日々が続く。石炭より低炭素なLNGは世界で需要が急増し調達競争が激化。気化しやすく大量備蓄も難しい。燃料最適化ユニット長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン