/

この記事は会員限定です

ヒロツバイオ、尿の早期膵臓がん検査を2022年から開始

[有料会員限定]

自宅でできる尿のがん検査を手掛けるHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ、東京・千代田)は膵臓(すいぞう)がんの早期発見検査を開発したと発表した。2022年に検査サービスを始める。検査費用は未定だが、数万円程度かかる一般的な膵臓がん検査よりも安価になる見通し。

ヒロツバイオは体長1ミリメートルの線虫という生物を使い、微量の尿から全身15種類のがんの有無を判定できる技術を持つ。がん患者の尿に含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン