/

この記事は会員限定です

日本製紙の植物由来素材、ヤマハの水上バイク部品に

[有料会員限定]

日本製紙は16日、植物由来の次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を混ぜた強化樹脂をヤマハ発動機の水上オートバイ部品に使うための共同開発を始めると発表した。CNFは鋼鉄の5分の1の重さで5倍の強度を持つとされ、自動車部品を軽くする用途などに注目が集まっている。製紙業界ではCNF樹脂の開発や実証実験が進んでいるが、量産車両への採用は珍しい。

CNFは木の主成分であるセルロースをナノ(ナノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません