/

この記事は会員限定です

ベトナムやマレーシアで韓国コンビニ攻勢 成長市場狙う

[有料会員限定]

東南アジアで韓国コンビニが攻勢をかけている。ベトナムでは最大手GSリテールが進出からわずか4年で日本勢最大のファミリーマートの店舗数を抜き、新型コロナウイルス影響が和らいだ2022年にはさらに100店を増やす。韓国のBGFリテールやイーマートも21年にマレーシアに初進出した。これまで先行していた日本勢は成長が頭打ちになっており、巨大市場で陣取り合戦が激化している。

ベトナム南部の最大都市、ホーチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン