/

この記事は会員限定です

新興、大学経営の課題解決 人材・財源の不足を緩和へ

[有料会員限定]

大学の人材や財源の不足という課題を解決しようとスタートアップが動き出した。オンラインプログラミング教材のライフイズテック(東京・港)は慶応大学生と連携し、教員数が不十分な人工知能(AI)分野を効率的に学べる教材を開発する。少子化の中で学生を継続的に呼び込める魅力づくりは待ったなしの課題。その支援に新興勢が商機を見いだしている。

ライフイズテックは、講義以外にAIを学ぶ場を求める学生が集まった慶応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン